本文へスキップ

電話でのお問い合わせは0422-27-6579

〒180-0001 東京都武蔵野市吉祥寺北町2-1-16
コートプレシャス 3F

タッチフォーヘルスtouch for health

タッチフォーヘルスとは?

アプライドキネシオロジーというカイロプラクティックドクターが治療に用いていた技術をアメリカのジョン・シー博士が一般の方でも学んで頂けるように安全でシンプルにまとめた健康のためのタッチ法です。

その背景には東洋医学、西洋医学、心理学、栄養学などが組み込まれております。「身体の健康」「心の健康」「食の健康」に誰でもアプローチできるため世界112カ国以上で活用されており、オーストラリアやスイスなど一部の国では保険適応もされています。

どんなことをするの?

タッチフォーヘルスではどなたでも活用頂ける健康のためのテクニックを学ぶことができます。

代表的なものは「筋肉反射テスト」というものです。全身の筋肉はお互いに繋がっています。筋肉反射テストでは、筋肉の特性を利用して全身の中からバランスの崩れている筋肉を捜します。それぞれの筋肉は東洋医学的に経絡と呼ばれる気(エネルギー)の流れが関わっており、そのバランスを崩すことであらゆる箇所に痛みなどの問題が発生することがあります。
※ベッドがなくても施術できます。

また、アスリートが緊張で思うように身体を動かすことが出来ない。あるいは日常的にストレスを感じて身体に痛みや不調が起きるなど、心の問題は身体の問題に関わってくることがわかってきています。タッチフォーヘルスではそういった「心の痛み」に対してもアプローチして頂くことが出来ます。体調が優れないとき、どこかに痛みを感じるとき。それが身体の問題なのか、心の問題なのか把握することは容易ではありません。多くの場合はなぜこのような問題が発生しているのかを本人でさえ理解していないのです。しかし筋反射テストを用いるとその問題が明確になってきます。

そして筋肉(経絡)のバランスを整えることで、抱えていた問題に改善を図ることができるのです。
他にもカウンセリングやESRなど、初めての方でも実践できるよう改良された多くのノウハウがあります。

タッチフォーヘルスの特徴

タッチフォーヘルスは非医療モデルです。診断や治療を目的にしておりません。
それは法律の問題ではなく(前述の通り保険適応の国もあります)問題もその解決方法もクライアント自身が知っていると考えているからです。タッチフォーヘルスは体と心が繋がっていることを実際に感じて頂くことが何よりも重要で、クライアントが落ち着きと愛を持って自分自身を見つめることが最も重要なポイントであると考えています。

当社が重視しているもの


例えばお腹が痛かったらどうしますか?もちろん病院に行きますよね。炎症を抑える薬を頂くことができ、痛みから解放されるでしょう。しかし、それが対人関係でのストレスが原因だった場合、すぐに同じ症状が発生するでしょう。これだけでは問題の根本的な解決にはならないのではないでしょうか?

問題の根本を無視して、起こった事象だけに反応するのではなく、起こった事象への対応をしながら根本の問題解決を図ることが重要だと私たちは考えています。

これを当社では「非医療モデル=自己責任モデル=学習モデル」と呼んでいます。
対人関係の問題、心の問題で痛みが発生している可能性もありますし、全く違う理由も考えられます。

施術者が決め付けるのではなく、クライアント自身が身体の反応を体験しながら、自身への気付きを深めていくことが重要ではないでしょうか。

目標設定(問題と目標の明確化)が出来れば多くの問題が解決に向かうと私たちは信じています。
そのためには頭だけで考えるのではなく、タッチフォーヘルスでは体(筋肉)の反応を見ながら根本的な問題を探していくことが出来ます。

資格体系(インストラクターになるまでの道)



















タッチフォーヘルスを使ってセッションをすることに資格は必要ありません。一般のどなたでも使えるようにすることで1人でも多くの方に人生を豊かに過ごしてほしいという創始者の願いから、上記のような資格体系になっています。

多くの方はタッチフォーヘルスレベル4までを取得されます。レベル1〜4まででタッチフォーヘルスの全般を学んで頂くことができるからです。全てのレベルにテキストとマニュアルがありますので、セラピー初心者の方でも段階的に受講して頂けます。

筋反射徹底マスター講座とインストラクター養成講座を受講して頂く事で、タッチフォーヘルスインストラクターとして認定され、講師として公式の講座を行うことが出来ます。講師として活動されることをお考えの方は上記の全てを取得して頂く必要があります。これは国際キネシオロジー大学(IKC)で定められています。http://www.ikc-info.org/(公式WEBページ)

当社の学院長はこの国際キネシオロジー大学(IKC)に任命されたファカルティー(地区代表者)であり、ファカルティーは世界に30名前後しかおりません。創始者から直接学んだ経緯もあり、日本においての第一人者として活動させて頂いております。

当社は日本で唯一、インストラクターを養成する資格を持つ企業です。

タッチフォーヘルスレベル1の学習内容


〇受講時間:15時間(7.5時間×2日間)
〇受講条件:どなたでも受講いただけます
〇内容
・正確な筋肉の観察
・予備チェックとその修正法
・スイッチング
・テーマの主観的な数値化
・主要なバランス調整法
・神経リンパマッサージのポイント
・神経リンパポイント
・神経血管ポイント
・経絡
・チャレンジ法
・起始部と付着点のテクニック
・脊椎反射ポイント
・感情ストレスの解放
・食物テスト
・その他のバランス調整法
・タッチフォーヘルスレベル1の筋肉

タッチフォーヘルスレベル2


〇受講時間:15時間(7.5時間×2日間)
〇受講条件:タッチフォーヘルスレベル1を受講済みの方 
〇内容
・回路の特定
・回路の特定を使った予備チェック
・紡錘細胞の仕組みと動き
・ゴルギ腱器官
・指圧のポイント
・陰と陽
・警報ポイント(募穴)
・「車輪」を使ったバランス調整
・ビーバーダム
・昼夜の法則
・三角形と四角形
・エネルギー過剰箇所のバランス調整法
・五行理論
・食物テスト
・未来のための感情ストレスの解放
・痛みに対処する簡単な方法
・経絡マッサージ
・経絡散歩
・脳脊髄液のテクニック
・統合エクササイズ

タッチフォーヘルス 五行メタファー


〇受講時間:15時間(7.5時間×2日間)
〇受講条件:タッチフォーヘルスレベル1.2を受講済みの方
〇内容
・五行メタファーについて
・任脈と督脈
・五行のメタファー
・経絡とメタファー
・メタファーを用いたバランス調整

タッチフォーヘルスレベル3


〇受講時間:15時間(7.5時間×2日間)
〇受講条件:タッチフォーヘルスレベル1.2を受講済みの方
〇内容
・五行理論の復習
・色を使った五行のバランス調整法
・回路維持モード
・促進と抑制
・反応筋の理論
・沈静化のテクニック
・歩行テスト
・過去のストレスやトラウマを和らげるためのESR
・トラウマのための過去のバランス調整
・脈診
・慢性的な痛みへのタッピング
・食物を使った修正方法

タッチフォーヘルスレベル4


〇受講時間:15時間(7.5時間×2日間)
〇受講条件:タッチフォーヘルスレベル1.2.3を受講済みの方
〇内容
・五行の感情
・五行の音のバランス調整
・指圧のポイント理論
・ローポイント
・時刻によるバランス調整
・8の字エネルギー
・神経リンパの解放
・姿勢ストレスの解放
・反応筋の復習
・姿勢分析
・頭からつま先までの42筋肉の立って行うテスト
・バランス調整の選択肢

筋反射徹底マスター講座


〇受講時間:15時間(7.5時間×2日間)
      筆記テスト45分
〇受講条件:タッチフォーヘルスレベル1〜4とメタファーを受講済みの方
〇内容
・レベル1〜4で学んだ筋反射テストの実施と指導
・実技テスト(42筋)
・筆記テスト(45分程度)

インストラクター養成講座


〇受講時間:60時間(7.5時間×8日)前・後半4日間ずつ
〇受講条件:タッチフォーヘルスレベル1〜4とメタファー、筋反射徹底マ      スター講座を受講済みで試験に合格している方
〇内容
・IKCの倫理について
・世界の活動と日本の活動の学習
・インストラクターとしての心構え
・講座の組み立て方、集客についての学習
・カウンセリングについて
・知識確認テスト(筆記)
・講座のデモンストレーション(実技)

タッチフォーヘルスを受講される際の注意

タッチフォーヘルスでは各講座の受講時間のうち、85%以上の出席で
IKC(国際キネシオロジー大学)より修了証が発行されます。

講座途中からの不参加の場合の割引・返金はいたしません。