本文へスキップ

Self support for Health 健康な社会を目指して!

電話でのお問い合わせは0422-27-6579

〒180-0001 東京都武蔵野市吉祥寺北町2-1-16
コートプレシャス 3F

禅カウンセリングHEADLINE

禅カウンセリングとは?

 禅カウンセリングとは、すべてをつなぐカウンセリングです。

目標と現在、脳と体、心と体、複雑に関連する様々な問題を解決するためのカウンセリングです。

禅カウンセリングは、右脳と左脳をつなぐ世界初のカウンセリングです。
右脳に偏り気味な方には、左脳が働き始めるカウンセリングを行い、右脳と左脳をつないでいくのです。

左脳に偏り気味な方には、右脳が働き始めるカウンセリングを行い、右脳と左脳をつないでいくのです。

右脳と左脳がつながれば、森(全体)も木(細部)もよく見えるようになり、どうすれば、問題を解決できるのか、自分で気がつくようになります。振り回されていた感情からも切り離されて、思考が、冷静で建設的な感情と結びつき、意欲を持って、問題に対処できるようになります。

右脳と左脳がつながり、前頭葉が冴えわたると、前脳と後脳もつながるようになり、
適切な行動がとれるようになります。

あらゆるセラピーのカウンセリングにも活用できるテクニックになります。

どんなことをするの?

講座では「話の聞き方」と「質問の仕方」「目標の設定」などを中心に学習していきます。
難しい「脳に合わせた質問」に関しても丁寧に指導します。説明やデモンストレーションを織り交ぜながらも受講生が実際にトレーニングをすることが出来ます。もちろんテストではありませんので、セラピストもリラックスして受講できるように配慮しております。


禅カウンセリングの特徴

禅カウンセリングでは「ただ聞くこと」を大切にしています。
どうしても意見を言いたい。アドバイスをしたい。そういった方もいらっしゃるかと思いますが、問題も解決方法もクライアント自身にしかわかりません。

同じ状況でも感じ方や捉え方はさまざまですから、セラピストの経験や価値観が役に立つとは限らないのです。それよりもクライアント自身が問題を整理し、明確化すること。そして解決に向けたイメージを持つほうがクライアントにとっては重要なことなのです。

もちろん「ただ聞く」と言っても、その場で黙っているだけではありません。
それで解決するケースもありますので、黙って聞く方法も指導しますが、相手が落ちついて安全に考える場を提供する方法や右脳と左脳の統合を助ける質問などを行うことでサポートする方法を学べます。

相手に安全な時間と場所を提供し、相手の脳統合をサポートする質問を行うことが禅カウンセリングの基本です。

禅カウンセリングの学習内容


・カウンセリングの基本
・クライアントの話をただ聞く
・オウム返しを行う
・クライアントの執着を見つける
・右脳的質問と左脳的質問

禅カウンセリング受講条件


どなたでも受講いただけます。

禅カウンセリングを受講される際の注意


禅カウンセリングは、講座の一部でも欠席されますと、その後の残りの日程にはご参加いただけません。
やむを得ず、途中から不参加となった場合でも受講費の割引・返金はいたしません。